【画像あり】借金もちの落ちこぼれニートが、副業をガチってみた結果。

 

初めまして、ケイスケと申します。

今回は、

「借金数百万もちのニートで、バイトすら続かなかった僕が、
 副業や経済面において、僕がどんな変化をしてきたのか?」

「結局、副業をガチった結果、現在いくら稼げるようになったのか?」

を語ってみます。

僕がどれだけダメ人間かは、
【実話シリーズ】の
別の記事を読んでいただければわかると思います(笑)

 

長ったらしく語るのも好きじゃないので、
端的に伝えますね。

 

地獄の底辺社畜派遣バイト時代の写真。
一日中物を運ぶだけの軽作業ですら、
「あれとってきて」と言われたものと
違うものをとってきて、上司にどやされる日々。

おまけに体も強くないので、
腰がすぐに痛くなり、散々でした。↓

 

 

おばあちゃんの財布からお札を抜き取っていた中学生時代

まず、僕は家が貧乏でした。

家計は常に苦しく、毎年親戚からお年玉をもらっても、
全て生活費として使われてしまっていたのを覚えています。

そんな中、僕が自由にお金を使うには
「身内からお金を盗む」
しかありませんでした。

一番甘やかしてくれたのがおばあちゃんだったので、
数ヶ月に一回、おばあちゃんの財布から
千円札や、時に1万円札を抜き取っていました。

もうおばあちゃんは4年前に亡くなってしまいましたが・・・
本当にごめんなさい。

 

あらゆるバイトが続かなかった高校・専門時代

僕はその後、ドラムを始めるべくお金をためようとバイトを
始めるのですが、これが何をやっても続きませんでした。

・コンビニ
・スーパー
・清掃業
・イベントスタッフ
・その他の派遣バイト

・・・そのどれをやっても上司からどやされ、
徐々にフェードアウトしたり、ばっくれたり
していました。

中でもうけたのは、「交通整備」という誰でも受かるはずの
アルバイトの面接で落とされたことです。

雰囲気や言動がよほどやばかったのでしょう。

ゴミですね。

そんな状況で、バンド活動ができるはずもなく、
当時だけでも50万円以上の借金をしていました。

ある時「このままじゃ破産する」と危機を感じ、
バンド活動をスパッとやめて就職を決意しました。

 

1ヶ月でうつ・クビになった営業職

その後、たまたま腕のいい転職エージェントの方に
出会い、その人のおかげで契約社員でしたが、
大手有名企業の営業職できました。

しかし、頑張って社会的に成り上がった
つもりでしたが、身の丈に合わない
環境の日々によるストレスに苦しめられ、

1ヶ月ほど経ったころに通勤途中に吐いてしまい、
真っ直ぐに歩けなくなり「うつ」と診断されました。

そして、そのままクビになりました。
(復帰するつもりもなかったけど)

流石にそこまでくるといよいよ自分のゴミさに
気づき始め、死のうか迷い始めていました。

 

暗黒のニート時代

さて、ここからは暗黒期です。

およそ半年間、家から一歩も出ずに
朝から夜まで美少女アニメを見あさる
ことしかやることがありませんでした。

もうむなしすぎて、情けなすぎて
毎日、自然と涙がポロポロ出てきていました。

 

そんな中、あるとき
「ネットビジネス」
というものの存在を知りました。

それを知ったとき、

「一生サラリーマンとして働くことから逃げられない」
と考えていた僕には、心臓が飛び跳ねるほどの衝撃でした。

しかも、PC1台で稼げるようなり、
原価もほぼかからないということで、

僕にとってはもうそれが
「最後の手段」でした。

 

いやもうめっちゃ怪しかったですよ。

ただ、教材を出してる人の対談動画?
みたいなものがあって、それを見たら、
非常にロジカルで、理にかなっていたんですよね。

※今思い返すと、たまたまその人が
偽物ではなく本物の人だったことことが
幸運でした。こればっかりは運要素強めです。

 

覚えている限りの内容としては、
商売とは、「価値を提供すること」
であると。

レストランであれば「美味しさ」を
ディズニーランドであれば「楽しさ」を
コンビニであれば「便利さ」を
それぞれ提供している。

同じように、価値の提供をインターネット上で行えば、
当然「商売」にはなる。

(現に、当時からすでに
YOUTUBERが台頭してきていました)

 

これを聞いて、非常に納得した僕は
「これがダメだったら死んだほうがいい」くらいの
感覚を持って取り組むことを決意しました。

 

そこで、親や友達から借金をして、
PCとネットビジネスの教材を購入し、
その日から穴が開くほど何度も繰り返し読み、

それをキーボードが壊れるほど
に実践し始めました。

 

もう、営業職で地獄を見ていた
あの頃には戻りたくない。

そんな一心で、本当に寝ても覚めても
「ネットビジネス」のことしか
考えていませんでした。

 

ブレイクスルーのきっかけ

僕は「恋愛」のジャンルでの情報発信を始めましたが、
ブサイク、ADHD、メンタル弱者、非モテの僕が
一体何をしたらいいんだろう・・・

と、途方にくれていました。

しかし、もうやると決めたからには、
後には引けません。

僕は一番遠回りだと思っていた、
「弱者なりの自分自身の変化」を
発信することに決めました。

そうして、ナンパをしたり、
マッチングアプリをしたり、
ファッションを変えたり整形したり…

スタートした当初↓

男磨きをしている最中↓

最初の数ヶ月は、全く成果が出ずに
割とあっさり折れそうになっていました。

しかし、そこから経営者の方から
「もっと覚悟を示せ」
というアドバイスをいただき、

「絶対に成功させます」
「何時間でも付き合います」
「できなかったら返金します」

という覚悟を示した上で、
ナン/パで声をかける勇気がなくて悩んでいる人の、
サポートをするというサービスを開始しました。

 

その時は、自分のサービスに
自信があったわけでもないので、
手が震えていたのを今でも覚えています。

そこで、数人応募があり、
最初の収入を得ることができました。

(詳しい経緯は別記事で書きます)

 

金額は、4万円ほどでした。

額は大したことはないけど、
今まで「自力で稼ぐ」ということを
経験したことがなかった僕にとっては、

かなりブレイクスルーした感覚があり、
テンションが上がったのを覚えています。

口座の残高が増えるたびに
脳汁ブシャーって感じでした。

しかし、僕はお金を貯めることよりも、
「誰にも負けないテクニックを身につけたい」
と思っていたので、

稼いだお金のほぼ全てを
自己投資をしていました。

この頃は、

「どかっと収入が入り、
どかっと自己投資をする」

ことを繰り返していました。

実際の通帳写真↓
(1日で500万円とかザラに使ってました)

電子通帳に切り替えた後↓
(相変わらずどかっと稼いでどかっと使っています)

 

結婚し、幸せに暮らす

その後、4年以上発信を続け、

・月商500万円overの月が3回
・月商1000万円overの月も経験
・労働完全にゼロでも約200万円は自動で入ってくる

こんな状態をここ最近の2年近く、
実現し続けています。

結婚生活も順調で、
全国いろんなところを旅行しながら楽しく暮らしています。

 

先日は、家族がとある事故で入院・手術をして
50万円ほどかかったのですが、
僕が即金で支払いました。

退院した家族から
「本当にありがとう」と感謝された時は、
涙が出そうになりました。

 

なぜ、ここまでの大逆転ができたのか?

要因はいろいろありますし、
人によって段階も違うと思います。

それを知りたくて、僕は何千万円も
自己投資をして(1ヶ月で1000万円使った月も)

勉強しまくって、いろんなことを試しまくりました。

しかし、ぶっちゃけ実用的な内容はほんの一握りでした。

それを、誰もに共通する表現をするなら、
「集客」です。

集客、つまり「欲しがっている人を探す」
ための方法を学んでからは、
トントン拍子に成果を出してきました。

稼ぐことの本質は、全てここに詰まっています。

「何かを欲しがっている人」を見つけられれば、
それは必ずビジネスになります。

・お腹が空いていたらラーメン屋が
・最新ガジェットが欲しければiPhoneが
・モテたければモテる情報が

売れるわけです。

もはや何かを頑張って作る必要もなくて、
ただ「欲しがっている人」と「商品」を繋ぐだけで、
手数料を貰えばいいのです。

これがいわゆるアフィリエイトです。

この方法であれば、

自分で何かを作る必要も、
強く売り込む必要も(既に欲しがっているので)、
時間をかけて何千人もフォロワーを増やす必要も、

ないわけです。

最強の稼ぎ方は
「欲しがる人を探すこと」
でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ケイスケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です